ゆちの備忘録β

はてなブログお試し期間中

Xoops-FCKediterのソースモードでsmartyを使う時

[pico]モジュールでFCKeditorを使ってコンテンツを編集すると、

smartyの「<>」の部分が↓こんなカンジで文字列に変換されてしまう。


<{$xoops_url}>


毎回これを打ち直すのは不便なので、そのまま保持出来る方法を調べてみたら、ありました〜♪



/html/common/fckediter/fckconfig.js 内に以下を追記すると、fckediterのソースモードでもsmarty関数をそのまま表示してくれます。



FCKConfig.ProtectedSource.Add( /<\{[\s\S]*?\}>/g ) ; // For smarty

※情報ソース→Go